モリンガは花粉症に効果あり?アレルギー対策

モリンガは栄養が豊富でスーパーフードと言われていますが、実は花粉症などのⅠ型アレルギーにも効果があります。

これには科学的裏付けがあり、実際にマウスにおける実験で実証されています。

モリンガは栄養食として飲むだけでなく体花粉症としても効果があり、大変付加価値があります。

アレルギーに関して抗アレルギー薬を飲むのも良いのですが、

副作用としてアレルギー症状発症のメカニズムの最末端での効果・効能の発揮ですので、眠気がでてしまいます。

一方モリンガには眠気の副作用は無く、自然に体をアレルギー体質から改善してくれます。

モリンガを花粉症対策で使わない手は無いのではないでしょうか。

モリンガはパウダー、お茶パック、錠剤で飲むことができ味も悪くなく非常に飲み続け安い一品となっています。

花粉症・アレルギーのおさらい

アレルギーは免疫の暴走で、その種類はアレルギーⅠ型からⅤ型まであります。

アレルギー症状は正確には花粉症や蕁麻疹のようなIgEが関与するⅠ型アレルギーからⅠ型からⅣ型までの混合のアレルギーのアトピーまで幅広く種類があります。

ヘルパーT細胞と呼ばれる免疫細胞の内1型より2型の方が優勢になることによりIgE抗体が作り出され、

このIgE抗体がマスト細胞に引っ付くことによりマスト細胞が破裂し、ロイコトリエンやヒスタミンなど、

くしゃみやかゆみの原因物質が血中に分泌されアレルギー反応が起こります。

この一連の反応の中で何かが除去されるとアレルギー反応は抑えられる訳で、例えば薬で抗ヒスタミン薬などがある訳です。

花粉症に効果あり?モリンガが効果的なアレルギーの種類

典型的なⅠ型アレルギーの花粉症や蕁麻疹にモリンガは効果があります。

他にⅠ型に含まれるアレルギー症状はハウスダストによるアレルギー性鼻炎、

気管支ぜんそく、一部のアトピー性皮膚炎があります。

これらのすべてにモリンガは効果があります。

これはモリンガの作用だけでなく、モリンガのデトックス作用や食物繊維による整腸作用、

栄養バランスの優れたバランスでの摂取におけるたまものだと推測されます。

モリンガを使ったアレルギーの実験

マウスの実験でI型アレルギーにした実験用マウスにモリンガを混ぜた粉末飼料を摂取させた結果、

モリンガを与えなかった実験用マウスに比べて(コントロール)白血球、抗酸球およびIgEの有意な低下したという結果があります。

このことからおそらく人間でもモリンガの摂取により、IgEの低下が起こり、Ⅰ型アレルギーの抑制を図れると思われています。

また、ヘルパーT細胞の1型と2型のバランスを取る細胞である制御性T細胞がアレルギーを抑えるのですが、

食物繊維をマウスに与えることで、有意に制御性T細胞が増えることが分かっています。

モリンガ葉は食物繊維がふんだんに含まれていますので、

IgEの低下と共に制御性T細胞の増殖からのアプローチでもⅠ型アレルギーの緩和及び治療に効果が推測されます。

モリンガは花粉症に効果あり?アレルギー対策まとめ

モリンガはただの高栄養食としてダイエットに使われていたのですが、

れっきとしたマウスの研究からアレルギー性鼻炎などのⅠ型アレルギーの治療に効果が認められています。

その効果の出方が抗ヒスタミン薬のように比較的末端で効くのではなく、IgE抗体の抑制、

さらにはそもそも制御性T細胞増殖による1型と2型のヘルパーT細胞の制御からアレルギーの抑制を図ってくれます。

効き目のポイントがモリンガの場合、アレルギー反応の早い段階からのアプローチでの抑制になりますので、

副作用がでにくいといったメリットがあります。

そもそも薬のように眠気が出ないというのも大きなメリットだといえ、元はといえば高栄養食であるので、

摂取して損なことは一切無く、良いこと尽くめのモリンガアレルギー対策といえます。

また、モリンガは摂取が容易であることや購入も容易であることもポイントが高いです。

花粉症に効果があるモリンガのおすすめ商品

BeautyMoringa(ビューティーモリンガ)


shareMeが販売している「BeautyMoringa(ビューティーモリンガ)」という商品です。

モリンガだけでなく、「400億個の乳酸菌」「食物繊維」「オリゴ糖」が入っている優れものです。

なんと現在は期間限定のキャンペーン中で、初回限定で980円で試す事ができます。

定期購入とかではないので、安心して購入ができます。

下記のリンクより公式のキャンペーンページが確認できます。

興味のある方は見てみてください。

→BeautyMoringa(ビューティーモリンガ)の公式サイトを見る

 - モリンガの効果・効能