知らないと損する!モリンガ茶のすごい効果・効能まとめ・副作用はある?

モリンガとは何なのでしょうか。

答えは熱帯に生えている大きな雑草のようなものと思ってもらって良いです。

雑草と表現したのは、生命力が非常に高くすぐに大きくなるという、まさに雑草だからです。

ですが、熱帯にしか生えないので、日本では生産することができず、

沖縄などで生産されるのですが、効率が悪く、あまり大量には作れません。

ところでモリンガ、何が凄いのでしょうか。

なぜかは分かりませんが、モリンガには人間に必要な栄養素がふんだんに含まれています。

モリンガの栄養成分の多さを理由に食料問題に苦しんでいる栄養失調の子供にモリンガを与えるなど、

モリンガは現地の熱帯でも大活躍して効果を発揮しています。

また、根や種(そのものが水を浄化効能を持つ)、花にも使い道があり、

種の絞りかすは水の浄化に使われ、捨てるところがありません。

モリンガはどんな荒れ地でもモリモリと育ち、葉はCO₂を普通の植物より良く吸うので、

環境問題の対策になるなどまさにスーパーフードでありながらすごい効能を持つ植物なのです。

モリンガ茶に含まれる健康成分

モリンガにはビタミン類、ミネラル、アミノ酸、ポリフェノールがふんだんに含まれています。

モリンガは青汁で有名な大麦若葉と比較してもほぼほぼの栄養分の量、ミネラルの含油量を超えています。

日本でモリンガ茶が青汁より人気を集めないのは、

やはりモリンガは大麦若葉と違って日本で栽培できないからだと思われます。

モリンガ茶の効果・効能

モリンガ茶の効果・効能については便秘解消、精神安定・安眠、デトックス効果、

アンチエイジング、美肌、炎症緩和、アレルギー抑制、免疫力向上などがあります。

モリンガ茶はカフェインを含んでいませんので夜に飲むのにも適していまし、

授乳中のお母さんでも安心して飲めるのですが、効果・効能がそれぞれ強いので、

あまりたくさん飲みすぎないようにした方が良いです。

モリンガ茶の味はどんな味

モリンガ茶は普通のお茶の味がしますが少し香ばしい香りもします。

実際の味はほうじ茶の味に近くすこし香ばしい香りが混ざっており、

トータルの味としては普通のお茶に劣る少し薄味です。

モリンガ茶の飲み方は?

モリンガ茶は水出しでも熱湯でも飲めます。

熱湯の場合ティーバックに入れていくらか時間を置いてティーバックを引き上げます。

水出しは水に漬けこんで冷蔵庫に入れておくとよく、

かなり濃いい味になりますが、夏場などはおすすめです。

モリンガは上記のとおりマズイってことはないですので、

水出しで濃厚な味がしても気持ち悪くありません。

別の方法に粉末タイプを白湯に溶かすという方法がありますが、

ホットで楽しむものですので、冬場に良いかと思われます。

モリンガ茶は副作用がある?

高血圧を予防する効能がありますので、飲みすぎると低血圧になってしまいます。

低血糖となりますとめまいがして、最悪倒れて頭を打つなど危ない症状が出ます。

それくらいモリンガの高血圧に対する効果は強いものです。

ですが、副作用は低血圧くらいです。

もちろん低血圧を無視してさらに飲み続けると体のどこかは悲鳴を上げることでしょう。

というのも塩や砂糖にも致死量があるようにただでさえ色々な作用を持つモリンガを大量に摂取すると、

それは当然過ぎたるは及ばざるがごとしで、色々な副作用が出ますが、

その前に恐らくは、体の防衛本能で、吐き気がしてもどすことや下痢になってしまうので、

副作用が原因で何か起こることは無いと思います。

また、妊婦さんにはモリンガ茶は流産の危険があり、あまり推奨されるものではないです。

まとめ

スーパーフードモリンガのお茶の話でしたが、モリンガは素晴らしいのですが、

残念ながら日本では沖縄県などの一部地域でしか栽培ばできません。

ですので、モリンガは現状ですと、商品数なども少なく、

市場では知っている人は知っているスーパーフードとなっています。

どうしても青汁の方にまだ人気がいってしまっています。

モリンガには青汁を上回る栄養とミネラルと健康作用がありますので、

その内青汁よりモリンガ茶が流行るようになるかもしれません。

何と言っても味が不味くない、万人に好かれる「ほうじ茶」のような味で飲みやすいです。

 - モリンガ商品, モリンガ茶