モリンガオイルの効果・効能とは

モリンガオイルオイルは、モリンガと呼ばれるインドに生育する木の種から取れるオイルのことです。かつては紀元前から認知されており、非常に厳しい環境でも生育できることで、さまざまな土地に広まり栽培されてきました。

聖書でも、モリンガの木で水を浄化したという逸話も残っているほど、非常に神秘的な所以のある木なのです。そして例に漏れず、その種から取れる油も、オイルとして昔から使われており、美容や健康に優れた効果が期待できます。

モリンガオイルの期待できる効果

万能の木モリンガの種からとれるモリンガオイルにはどのような効果があるのでしょうか。
ひとつは、薬として体にとってさまざまな効果があるとされています。

医療の原点といえば、古来はインドが盛んであり、古くから伝わるアーユルヴェーダという書物にも、モリンガが万物に効く薬であることが記されています。実に300に及ぶ病気を治すとされてきたモリンガオイルですが、現代において実際に効果があるとされているのは、なんといっても美容面であるといわれています。

モリンガオイルには、比較的人の皮脂の成分に近いオレイン酸と呼ばれる脂質が含まれており、非常に天然素材で肌に優しいことが知られています。そして同時に、このモリンガオイルの中には、肌に直接塗布することで、肌の上面にバリア機能を発揮する膜を作ることができます。

普段から敏感肌であったり、アトピーなどの皮膚疾患に悩まされて、思うように美肌クリームやオイルが使えない人でも、伝承醫學でも薬と呼ばれるほど重宝されているモリンガオイルなら心配ありません。

また、保湿機能も抜群に優れているために、乾燥肌やにきび、吹き出物といった肌トラブルもしっとりと汚れを除去してくれた後、水分を逃さないようにしっかりと保湿してくれます。

この効果は肌だけでなく、髪に対しても有効であるといわれています。近年ナチュラルシャンプーがブームとなっていますが、このモリンガオイルにはオレイン酸という、カメリアオイルと同様の物質も多く含まれており、やさしく髪を包み込んでつやつやにしてくれるのです。

モリンガオイルの使い方

モリンガオイルの使い方は、さまざまな用途がありますが、すばらしいところはオイルとしてそのまま使用できるところです。

ヘアケアに使いたい方は、しっかりと普段のようにシャンプーをした後、リンスの代わりに適量手に取り、そしてゆっくりとなじませていくだけで効果を出すことができます。

また、洗顔後にそのまま適量を顔に薄くのばして塗っていくことで、保湿剤として効果を発揮してくれます。分解能もあるといわれており、メイク落としなどに利用することもできるのがすばらしいところでもあります。

まとめ

モリンガオイルは古来から万能といわれてきましたが、その例に漏れず、美容面に関しても美肌、保湿、肌トラブル予防に、そしてヘアケアにも利用できるなど、かなり用途が広く、効果も高いことがわかります。

 - モリンガオイル, モリンガ商品